ヒートショックにご注意!家の急激な温度変化を防ぐIoTとは?

関連キーワード
ヒートショック
家の中での急激な温度変化により、血圧が大きく変動して体にダメージを与えるのが「ヒートショック」です。心筋梗塞、脳梗塞などを起こすことがあります。ヒートショックによる死者数は年間1万7000人(東京都健康長寿医療センター研究所「2011年・入浴中の心肺機能停止者数」)と言われています。

昔ながらの日本の住宅ではヒートショックが起こりやすい!?

一般的な日本の住宅では、リビングやダイニングのように人が居る場所には暖房をしていますが、脱衣所や浴室、トイレは暖房器具がなく寒いままということがよくあります。また吉田兼好の徒然草の有名な一節「家のつくりようは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる」というように、夏涼しく冬寒い家を造ってきた歴史が影響しています。他の先進諸国は家全体を暖房する全館暖房が中心ですが、日本では部屋ごとの暖房方法をとってきたことも大きな原因です。リビングと浴室の温度差は10℃以上にも及ぶことが多いのではないでしょうか。

そして、これが他の先進国に比べて、ヒートショックで亡くなる人が多い原因になっているのです。特に高齢の方々の死亡原因となりやすいので気をつけなければなりません。本来安全でくつろぐ場所であるはずのマイホームが危険な場所となっているわけです。このような温度差が大きい環境の中で入浴する場合、寒い脱衣室で裸になると、急激に体の温度が下がります。さらに、一度急上昇した血圧が浴槽のお湯に浸かることで血管が拡張、反対に急激に低下してしまいます。暖かいリビングから寒い脱衣所や浴室への移動、そして熱い湯船への移動というそれぞれの動きの中で、短時間に血圧が上がったり下がったりということが繰り返されます。 特に12月や1月のような寒い時期は、入浴時の浴室の居室との温度差が大きくなり、非常に危険だと言えるでしょう。

なるべく簡単にヒートショックを防ぐ方法とは

浴室
室内の温度差をなくすための方法として、身近な工夫から大規模なリフォームまでさまざまな対処法があります。

○シャワーでお湯を入れる
高い位置に設置したシャワーから浴槽へお湯を入れることで、浴室全体を温めることができます。

○夕食の前や日没の前の入浴
夕食を食べる前や日が暮れる前に入浴することも、ヒートショック対策として有効です。日中は日没後より外気温が高く、脱衣所や浴室がそれほど冷え込まないことに加え、人の生理機能が高い午後2時から4時の間に入浴することで、温度差への適応がしやすいためです。

○食事の直後や飲酒した際の入浴を控える
食後1時間以内や飲酒時は、血圧が下がりやくなるため、入浴を控えた方が良いでしょう。

○お風呂の温度を高くしすぎない
高齢の方は高い温度のお風呂を好む傾向がありますが、あまり高い温度に湯温を設定していると血圧の上下動が大きくなります。

○脱衣所や浴室、トイレへの暖房器具設置
脱衣所や浴室、トイレなどに暖房器具を置いて温めておくと、居室との温度差を抑えられます。

○建物自体の断熱効果を高めておく
窓や壁に断熱工事をすることで外気温の影響を小さく抑えることができます。

IoTの技術を導入することでヒートショックの危険を回避する

IoT
最近注目されているIoTという技術を取り入れれば、手間なくヒートショックの危険を回避することができます。IoTとはInternet of Things(モノのインターネット)という意味で、従来は主にパソコンやサーバーなどに接続されていたインターネットが家電などの様々なモノに接続することを指します。これまでインターネットとは無縁だったテレビやエアコンがつながることによって、モノの相互通信が可能になり、遠隔からでも操作や計測、制御などができるようになります。

IoTは人が操作してインターネットにつなげるということだけではなく、モノ同士がインターネットにアクセスしてつながるのが大きな特徴です。テレビやビデオ、カメラ、オーディオプレーヤー、DVDプレーヤーなどのデジタル情報家電をインターネットに接続するという流れはかなり進んできています。さらに現在ではスマートフォンやタブレット端末もインターネットに接続されています。

人間の行動や自然現象、物体の状態などの膨大なデータを収集して可視化することができれば、様々な問題が解決できる可能性があるということです。見たり聞いたり、触ることができる情報はもちろん、それ以外の情報もセンサーにより数値化され収集できるようになります。 また人間がパソコンなどに入力したデータ以外に、モノに取り付けられたセンサーが自らデータを入力して、インターネット経由で活用されるようになります。

たとえば医療分野におけるIoTでは、着用型ウェアラブルデバイスが注目されています。着用型ウェアラブルデバイスで自分の健康状態を記録・管理して、医師と情報を共有できれば健康管理に役立ちます。健康状態が悪化したときに警告音を出すこともできます。IoT化の活用により、病気の予防と効率的な治療の両方ができるようになりました。また高齢者の健康面での安心を支える取り組みとして、見守りセンサーなどのサポート技術の開発が各業界で進んでいます。以下はヒートショックに効果的なシステムや製品です。

○株式会社LIXILのR&D本部(旧LIXIL総合研究所)では、人・物・家・社会が情報で結ばれた「住生活の未来」を体感できる研究施設「U2-Home(ユースクウェアホーム)」を建設し、生活価値(QOL:Quality Of Life)を高めるための様々な研究を行っています。2015年度からは、ビッグデータなどの先端技術を活用し、さらなる快適な暮らしを実現するための検証や実験を行っています。来るべきIoT時代やスマートコミュニティ社会をしっかり見据え、様々な装置を活用した住まいの情報化を進め、門扉や窓、天井、壁、ドア、キッチン収納、水栓、浴槽、トイレなど、屋内外に200以上のセンサーを設置してネットワーク化。部屋ごとの温度や湿度、ドアの開閉、住人の在室状況など、日々住生活に関わるデータを収集しています。また屋外センサーからは、天候や風向き、PM2.5、紫外線などの情報も得ることができます。

○株式会社レオパレス21では、株式会社グラモと提携し、家電制御機器「Leo Remocon」を共同開発。2016年から新築物件全戸に標準装備します。これはスマートフォンからリモコン対応家電を遠隔操作したり、室内温度、湿度、明るさなどの情報を入手できます。家具、家電は備え付けなので、入居者は面倒な設定をすることなく、手軽にスマートフォンとつなげてホームオートメーションができます(対応アプリ:iOS/Android対応)。

このように、IoTによって家全体の温度調整ができるようになれば、それほど意識しなくてもヒートショックの危険を回避することができます。快適で安全な暮らしのためにもIoTの技術は、早めに取り入れておきたいものです。

その他のの記事

キーワード一覧

 ページトップ