【後編】お部屋の遮音性への取り組みを聞く『3つの遮音構造「ノンサウンドシステム」の実績と評判』

テクノロジー

関連キーワード
和田稔
快適な暮らしの実現のためにレオパレス21が開発した「ノンサウンドシステム」。前編では開発のきっかけや経緯についてお話を伺いました。後編では、「ノンサウンドシステム」によって、数値や体感の面で実際にどのような効果が得られたのか、引き続き、商品技術統括部の和田稔理事統括部長(写真左)と勘造新一設計課長(写真右)にお話しいただきました。今後の性能やサービスの向上へ向けた構想についても伺っています。

隣の部屋で携帯音を最大ボリュームにしても気にならないほどの性能

Q:木造・鉄骨構造ではどれくらいの効果が得られるか。

和田:木造の壁の部分については、隣戸で携帯電話の着信音を最大ボリュームにしても、気になりません。鉄骨の壁については、木造よりもさらに1ランク上の性能とし、隣戸の音はほとんど気にならないレベルになっています。木造・鉄骨造ともに床については、歩行音や落下音がほとんど聞こえない程度で、日常生活ではあまり気にならないレベルに保たれています。

勘造:具体的な床の遮音性能の第三者機関測定による数値は、次に挙げる通りとなっています。

木造(標準)    :重量衝撃音「LH-55以上(等級4)」・軽量衝撃音「LL-40以上(最高等級)」
木造(オプション) :重量衝撃音「LH-55以上(等級4)」・軽量衝撃音「LL-35以上(最高等級)」
鉄骨造(標準)   :重量衝撃音「LH-50以上(最高等級)」・軽量衝撃音「LL-40以上(最高等級)」

衝撃音
※重量衝撃音(LH)は、子どもが走ったり跳ねたりしたときに生じる、重く響く音です。
※軽量衝撃音(LL)は、スプーンなどを落としたときに発生する音です。
※いずれも L値は「数字が小さいほど高性能」です。

隣や上階に人が住んでいるかどうか分からないくらいの静けさを体感

ノンサウンドフロア
「木造商品のノンサウンドフロア(模型)」
本社併設のショールームで遮音性能の仕組みをご覧いただけます。

Q:音の問題についてのサポート体制はどうされていますか。

和田:最近では、シェアハウスのような住み方をされる方も増加し、様々な外国の方の入居も増えています。そのため、生活習慣の違いにより生じる生活音のトラブルも発生しています。外国語のできるスタッフを増員したり、グローバルサポートセンターなどを設置して、日本の生活習慣や常識について説明する機会を増やす一方、ハード面においても入居者様からのクレームを含め、窓口となる各センターからの情報収集により改善するための対策を講じています。

勘造:クレームの大半は「ノンサウンドシステム」導入前の建物が多く、この構造の遮音性には手ごたえを感じています。今後も既存建物のグレードアップを含め、様々な対策で「音の問題」に取り組んでいきたいと思っています。また音の問題の解決にはコミュニケーションも大事ですので、入居者様との関係を密にするように心がけています。

Q:「ノンサウンドシステム」導入物件に住む方の評価はいかがでしょうか。

和田: いろいろなタイプの部屋をつくり、「ノンサウンドシステム」開発の手順を踏んできました。窓の外からの音や隣の棟との間隔の影響、回り込んでくる音などにも順次、対応しています。建物の形状自体にも工夫を凝らし、インナーバルコニーにして隣戸の音が伝わりづらいようにしています。

勘造: 当社社員の多くも「ノンサウンドシステム」の住宅に入居しています。評価としては「隣や上階の部屋でロフト梯子を引きずったり、扉を開閉したりしても音は聞こえてきません。さらに排水音も気にならない」とのことです。むしろ、「隣や上階に人が住んでいるかどうか分からないくらい静かだ」という報告を受けています。

さらなる音の問題の対策に取り組み、満足度の向上を目指す

Q:今後のレオパレスの目標を教えてください。

和田:今後においても、販売する全てのアパートに、「ノンサウンドシステム」を導入し、先進的な居住空間の提供を実現していきます。今まで以上に入居者様・オーナー様の目線に立ち、魅力的な賃貸サービスを展開するほか、今後とも賃貸住宅の悩みの種である「音の問題」の対策について積極的に取り組み、満足度の向上に努めていきます。

勘造:新築の建物だけではなく、既存の建物のグレードアップにも取り組んでいきます。現在、入居されている物件については、工事が難しい状況ですが、随時、性能改善を図っていきたいと考えています。創立45周年を前に、私たちが建てた物件も築30年を超えるものが出てきています。さらなる技術革新を進め、入居者様に、より快適な環境を提供したいと思っています。

(プロフィール)
株式会社レオパレス21
商品技術統括部
理事統括部長
和田稔
1984年に入社。一級建築士。2013年より現職。

株式会社レオパレス21
商品技術統括部 商品開発部 商品設計課
設計課長
勘造新一
1995年に入社。2016年より現職。

「ノンサウンドシステム」について
http://www.leopalace21.com/type/nosound.html

その他のおすすめ記事

その他のテクノロジーの記事

キーワード一覧

 ページトップ