「ペット可」物件でペットとどう暮らす? 

トピックス

関連キーワード
ペット可
犬や猫などのペットとの暮らしは心が癒されるもの。最近ではペットを飼う人が増えていますが、ペットと賃貸物件で暮らす場合には、「ペット可」の物件を探すのが必須です。また「ペット可」物件であっても、ペットが周囲に迷惑をかけないように配慮し、共用部分や室内を汚さないように対策をとることが求められます。ペットとの時間を楽しく過ごすために、「ペット可」物件を借りるうえでの注意点や、ペットに優しい住まいとするための工夫などを紹介します。

「ペット可」物件の原状回復義務はどう捉える?

ペットブームの中、アパートなどの「ペット可」の賃貸物件を借りてペットを飼う人とオーナーの間では「原状回復義務」を巡る認識の違いから、トラブルが起きる場合があります。

壁紙の変色や画びょうの跡、家具の設置によるフローリングの傷などは、通常の使用や経年変化に起因するものとされ、退去時に原状回復義務はありません。しかし、ペットによる壁紙やフローリングへのひっかき傷、フローリングやカーペットの尿や嘔吐物のシミといったものは、「ペット可」物件であっても原状回復義務が生じます。また、ペットの臭いの除去や感染症予防の面から、消毒やハウスクリーニングのための費用が特約で決められていることもあります。「ペット可」物件では、通常の使用よりも壁や床などの傷みが激しいことが多いため、敷金や礼金の額を一般的な相場よりも高めに設定しているケースもあります。

「ペット可」物件であっても、ペットを飼っていることで生じた損耗には、原状回復義務があることが前提です。賃貸物件でペットと暮らす際には、ペットのしつけをせずに飼育していると、膨大な原状回復費用が必要となる可能性があることを理解しておく必要があります。

また、ペットの飼育が許可されていない物件で、ペットを飼っていることが発覚した場合には、速やかに退去することと、原状回復費用を求められますので避けるようにしましょう。

賃貸物件でペットを飼う時に注意したいこと

ペット可
「ペット可」物件では飼うことのできるペットの種類や数が決められ、飼育にあたっては届け出が必要なケースが多いです。また、共用部分ではペットカートを使う、あるいは、ペットを抱くといった決まりが設けられていることもあり、ベランダでの飼育は禁止されていることもあります。賃貸契約を結ぶ前に、飼育できるペットや飼育細則を確認しておきましょう。

また、「ペット可」物件であっても、全ての居住者がペットを飼っているとは限らず、ペットが嫌いな人が住んでいることもあります。特にペットによる臭いや音が問題となることがありますので、共同住宅で暮らすうえでの配慮が必要です。

特段に室内の防音対策がされていない時には、ペット特有の足音や家具などから飛び降りる音を軽減するため、コルクマットを敷くのがおすすめです。一般的なフローリングは滑りやすく、犬などの足には負担が掛かりやすいという点でもメリットがあります。ただし、コルクマットを敷いたままにすると、カビの原因となることもありますので、時折外して通風をします。壁の防音対策では、隣戸と接する壁に大型の本棚やクローゼットを設置すると効果が期待できます。ペットの臭いは来客の際には気になりますので、空気清浄機を設置し、キッチンの入り口にフェンスを設置すると、飼い主も暮らしやすくなります。

犬を飼う場合には、エントランスや共用廊下、エレベーターなどの共用部分でマーキングさせない、無駄吠えをさせないといったしつけも必要です。また、抜け毛の予防のためにも、ブラッシングを欠かさないようにしましょう。

ペットと暮らすことに配慮した「ペット共生物件」とは

ペット可
「ペット可」物件の中には、ペットと住むことを前提とした「ペット共生物件」というものがあります。「ペット共生物件」は、共用部分にペットの足洗い場やリードフック、ペット専用の出入り口が設けられていることが多いです。ブラッシングができるトリミングルームや敷地内にドッグランが設けられた物件もあります。専有部分は傷がつきにくく消臭機能が付加された機能性壁紙、あるいは、腰壁パネル、クッション性の高い床材が用いられることが一般的です。ペットの感電を防ぐために腰高の位置にコンセントを設置し、臭い対策として、大型の換気扇が設置されていることもあります。

「ペット共生物件」はまだまだそれほど広まっていませんが、ひとり暮らしの人が増えていく中、今後は選択肢のひとつとなっていくでしょう。

一般的なアパートなどの「ペット可」物件は、建物自体はペットを飼いやすいようには造られていないことも多く、ペットが好きではない人もいること、周囲への配慮が求められることを念頭におきましょう。ほかの居住者の迷惑とならないように、ルールやマナーを守ることが大切です。

マナーを守って暮らせば、ペットとくつろぎながら楽しい時間を過ごすことができます。また、ペットを飼っていることがきっかけで、飼い主同士が仲良くなることもあります。ペットとの暮らしをお考えなら、自分好みの「ペット可」物件を探してみてはいかがですか。

その他のおすすめ記事

その他のトピックスの記事

キーワード一覧

 ページトップ