電気自動車で住まいはどう変わる?

テクノロジー

関連キーワード
電気自動車
三菱・i-MiEVの市販開始や日産・リーフの世界市場に向けた販売によって、大きな注目を集めている電気自動車ですが、一般に広がるまでには、充電設備などのインフラ整備や航続距離が短い点など、まだまだ課題があります。ただ、電気自動車が増えていくことによって、私たちの暮らしが大きく変わることは間違いなさそうです。そこで、今回は住まいと電気自動車のこれからの関係についてご紹介します。

環境に優しくエネルギー効率も高い電気自動車

電気自動車は、「Electric Vehicle」を略して、「EV」とも呼ばれています。また、電気モーターとガソリンエンジンやディーゼルエンジンを組み合わせたハイブリッドカーもあり、こちらは、「Plug-in Hybrid Vehicle(PHV)」もしくは「Plug-in Hybrid Electric Vehicle(PHEV)」と呼ばれています。

電気自動車は、電気を使って電動モーターで車を駆動させるので、排気ガスを出さず、環境に優しいだけでなく、エネルギー効率が高いことでも注目を集めています。電気モーターにはコンセントから直接充電することができます。

電気自動車の場合、電気会社と夜間の時間帯の電気料金が安くなる料金形態で契約を結び、充電に夜間の安価な電力を使用することで、ガソリンの自動車と比較してランニングコストを安く抑えることも可能です。さらに減速時に運動エネルギーの一部を電気として回収することができるので、エネルギー効率がとても高く、ガソリン自動車の3倍程度になります。

しかし、電気自動車の価格は、ガソリン自動車に比べて高額なため、普及を推進するために政府では、購入価格の一部補助や自動車重量税などの免税を行っています。また一部の地方自治体では、国の補助以外にも、電気自動車取得に独自の補助を実施しているケースがあります。

電気自動車は、1回の充電で走ることのできる航続距離が限られています。
家庭用の充電器であれば、1回のお出かけで80km以上の運転をする場合には、途中で充電が必要になります。

参考:経済産業省 http://www.meti.go.jp/policy/automobile/evphv/what/ev.html

住まいに電気自動車の充電設備を取り付けるには

電気自動車
電気自動車の充電には、普通充電設備と急速充電設備の2つの設備があります。住まいに充電設備を取り付けると、これまで外部のスタンドでしか行えなかったことが自宅でできるため、暮らしを大きく変えそうです。

・住まいで充電するために必要な設備

一般的な家庭で使われるコンセント型の充電器の場合には、充電設備本体の価格は数千円です。
100Vの場合、約8時間の充電を行うことで8km程度の航続が可能になります。
200Vの場合には、約4時間の充電で8km程度の航続が可能です。

一戸建ての場合には、以下の順番で工事計画を策定します。
1.コンセントボックス又は充電スタンドの設置位置を確定
2.配線ルートの確定
3.配線および電線管の選定
4.施工方法の検討確定(土被りの確保など)
5.D種接地工事(既設盤接地端子より引込でも可)
6.その他個別条件の検討および確定

引用:
EVsmartブログ http://blog.evsmart.net/electric-vehicles/charging-at-home/

電気容量は3kW(200V 15A)を想定しますが、将来的には6kW(200V 30A)まで上げる設計で進めると、現在、開発が進んでいる300km以上の走行が可能な新車にも対応することができます。工事費用は工事方法によりますが、5万円〜最大でも20万円程度と想定されています。ただ、地下駐車場などの場合には50万円を超えるケースもあります。

・電気自動車を充電できる場所

ポール型普通充電器は、マンションやビルそして屋外駐車場などに設置されており、電圧は200Vです。充電設備本体の価格は数十万円です。

急速充電設備は、ガソリンスタンドや大型スーパー、そして自動車販売店などのごく限定的な場所に設置されています。充電時間が約15分で8km程度の航続が可能になり、約30分で16km程度の航続が可能です。

災害の際に電気自動車を活用するには

電気自動車
・災害で電力が復旧するまでに役立つ電気自動車

東北大災害科学国際研究所・今村文彦所長の毎日新聞によるインタビューでは、2015年11月に行われた「電気自動車を使った災害対応訓練」について、以下のように紹介をしています。

--一般の人にとっても、災害時には電気自動車の利用価値が高いということですか。

今村所長 電気、水、ガスというライフラインが途絶えた時、最初に復旧するのは電気です。それまでの2日か3日、電気自動車のバッテリーがあれば急場をしのげます。自立電源を持つということですから。さらに、情報を取ったり、状況を伝えたりすることもできます。自動車購入時に、災害のことを考えて車選びをする人はいないと思いますが、電気自動車の付加価値として頭に入れておいてもいいと思います。

引用:毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20160510/ddm/010/020/009000c

このように、電気自動車は災害時に利用価値が高いということが想定され、災害対応訓練にも電気自動車が活用されています。

例えば、2016年4月14日に起きた熊本地震では、地震で停電中の益城町の役場前で照明灯の電源に三菱自動車のアウトランダーPHEVのバッテリーを利用しているのがニュースで流れました。PHEVと呼ばれるプラグインハイブリッド車には、大型のバッテリーが搭載されているので、電源として活用することができます。

・スマートハウスに電気自動車から電力を供給するには

電気自動車やプラグインハイブリッド自動車に搭載された蓄電池から、スマートハウスなどの住宅に電気を供給するシステムを「Vehicle to Home」(V2H)といいます。

V2Hは、災害専用のシステムではなく、太陽光発電などのスマートハウスに導入されている他の電力源と電力供給の効率化を考えて作られました。風力発電などの再生可能なエネルギーは、電力の供給が安定しませんが、V2Hなら電力の安価な夜に電気自動車を充電し、昼にその電力を活用することも可能です。

V2Hでは、パワーコンディショナーを使うことで、電気自動車のバッテリーでチャデモ急速充電コネクタが装備されている家に電気を供給することができます。 電気自動車から電力を供給する方法は、V2Hのケーブルを車に接続し、システムを放電に切り替えるだけです。

これからの住まいは、スマートハウスに電気自動車を備えることによって、電気代の高い昼間の電力消費量を極力抑えて省エネ化を実現し、災害時には電気自動車を電力の供給源としても活用することができます。電気自動車によって、住まいと車のあり方が大きく変わる日が来るのは、そう遠いことではないのかもしれません。

その他のおすすめ記事

その他のテクノロジーの記事

キーワード一覧

 ページトップ