断熱リフォームで暮らしやすく省エネできる住まいに!

トピックス

関連キーワード
断熱リフォーム
国によって新築住宅の2020年の省エネ基準適合義務化が進められるなど、住宅の省エネが促進されています。既存の住宅も、断熱リフォームによって、夏や冬でも過ごしやすく、冷暖房効率の良い住まいに生まれ変わります。そこで、省エネにもつながる、断熱リフォームとはどういったものか、解説していきます。

なぜ、住まいに断熱は必要?

断熱リフォーム
断熱とは、屋根や壁、床から外気の影響を受けて伝わる熱の量を小さくすることをいいます。省エネや居住性に対する意識の高まりや技術の進歩によって、最近では断熱性能に配慮した住まいが増えていますが、築年数の経過した住宅では、断熱が不十分なことが多く見られます。

断熱リフォームをすることで、夏の暑さや冬の寒さが室内に伝わりにくくなり、過ごしやすい住まいになります。冬場のヒートショックは、リビングなどの居室と洗面脱衣室の温度差などによって起こりますが、断熱施工によって、暖房の入っている部屋と入っていない部屋の温度差を緩和することができます。家全体の温度差を軽減させることは、健康を守ることにもつながるのです。

また、断熱リフォームには費用がかかりますが、冷暖房効率が上がるため、光熱費を削減できることもメリットです。断熱リフォームによって快適で省エネな暮らしが実現できます。

戸建て住宅の断熱リフォームとは

戸建て住宅でできる断熱リフォームを部位ごとに見ていきましょう。

●窓の断熱リフォームは「内窓の設置」
比較的手軽にできる断熱リフォームとして、内窓の設置が挙げられます。内窓を設置すると、サッシとサッシの間に空気層ができるため、断熱効果があります。既存のサッシのガラスを単層ガラスから空気層のあるペアガラスに変えるよりも、内窓を設置する方が断熱効果は高いとされています。内窓を設置して二重窓にすることで、外気と内気の温度差が軽減されて結露対策にもなるほか、防音効果が上がることもメリットです。

ただし、新たに室内側に窓を設置するため、室内は若干狭くなること、また、出入りする掃き出し窓の場合、窓を2つ開けるのが煩雑に感じてしまう可能性があることを念頭に置いておきましょう。

●床下の断熱はフローリングの張り替えとの兼ね合いで
床下への断熱施工は、床下の点検口からもぐって断熱パネルを施工する方法と、フローリングなどの床材を剥がして断熱材を充填した後に、床材を張り直す方法があります。床下から断熱パネルを張るほうが費用は安価であり、住みながらのリフォームも容易です。ただし、フローリングの張り替えと同じタイミングであれば、床材の下に断熱材を敷き込むほうが費用を抑えられます。フローリングの状態と住宅全体のリフォームの予定などと合わせて考えると良いでしょう。

●外壁の断熱は内断熱?外断熱?
壁の断熱には、室内側から断熱をする内断熱と外壁側から断熱施工をする外断熱があります。外断熱のほうが、断熱効果が高く、内部結露といわれる壁内の結露も起こりにくいですが、内断熱に比べて費用を要します。

内断熱は、床と同様に、従来は壁紙や下地を剥がして断熱材を入れる方法が中心でした。最近では、既存の壁の室内側にそのまま断熱パネルを張ることで、工事期間を短縮して、住みながら断熱リフォームをする方法も広まっています。

外断熱では外張り断熱といわれる、既存の外壁の上から断熱材が裏打ちされたサイディングパネルを張っていく工法が主流となっています。ただし、隣戸との距離によっては、足場を立てる場所の問題が生じることが難点です。外断熱では、気密性の高さからカビが壁内に発生することを避けるため、空気の通り道を確保した通気工法が取られることが一般的になってきました。

断熱計画はトータルで考える

断熱リフォーム
断熱リフォームは部分的に行われることもありますが、屋根と壁、床の住まい全体の断熱計画をトータルで計画していくことが望ましいです。断熱リフォームでは、住まい全体の熱や空気の流れに配慮する必要があります。また、部分的に断熱リフォームを行っても、効果が感じにくい可能性も懸念されます。知識が乏しいリフォーム業者に依頼すると、内部結露などが生じるリスクもありますので、業者の見極めが大切です。

断熱リフォームは、壁紙やフローリングなどの張り替え、外壁の塗装やサイディングの張り替えといったリフォームのタイミングに合わせて行うと、費用面での無駄もなくなります。

日本はエネルギー資源をほぼ輸入に頼っており、東日本大震災を機にエネルギーの需給状況がひっ迫したことからも、電力消費量の削減が求められています。また、政府は2030年までに温室効果ガスを30%削減(2013年度比)することを目標として掲げています。

省エネに対する意識が高まっている中、断熱リフォームはエネルギー使用量の削減に貢献できる手段です。家の中の冬の寒さや夏の暑さが気になったら、暮らしやすく、地球に優しい住まいとするためにも、断熱リフォームを検討してみましょう。

その他のトピックスの記事

キーワード一覧

 ページトップ