スマホからの家電操作で変わるIoTのある暮らし

テクノロジー

関連キーワード
IoT
IoT(モノのインターネット)化が進む中、スマホから家電操作ができる「iRemocon」や「eRemote」、「IRKit」といった製品が注目されています。
リモコンで動く家電をスマートフォンでコントロールできる家電です。こうしたスマートリモコンといわれる仕組みによって、どんな暮らし方ができるのでしょうか。

スマホが高機能リモコンに変わる!?

これまでの暮らしでは、テレビやエアコンといった家電それぞれにリモコンがあり、個別の操作が必要でした。また、外出後にエアコンや照明のつけっぱなしに気づいても、家に帰るまではどうすることもできませんでした。

そんな中、IoTのひとつとして注目を集めているのが、複数のリモコンを集約して一元管理し、スマートフォンから操作できるスマートリモコンです。「iRemocon」や「eRemote」、「IRKit」などのスマートリモコンを使うと、普段使っているスマホが高機能リモコンに変わるのです。最新の家電や特定のメーカーの製品のみに対応しているだけでなく、赤外線リモコンで使用できる家電ならほとんど使用できます。

こうしたスマートリモコンを使用するには、Wi-Fi環境が必要です。専用のアプリをスマートフォンにインストールした後、 「iRemocon」などのスマートリモコンに赤外線リモコンの操作を一つひとつ学習させていきます。すると、様々な家電の操作がスマホからできるようになるのです。あらかじめ、汎用品の家電情報が登録されているスマートリモコンもあります。また、スマートリモコンによっては、月額料金を支払うことで、外出先からスマホで家電を遠隔操作することも可能です。ただし、リモコンの電波が届く範囲や機能には商品によって違いがあります。

「eRemote」は2016年12月に発売された「eSensor」と連携させることで、部屋の温度や湿度、照度、音を感知してコントロールすることが可能です。「iRemocon」にも温度や湿度、照度のセンサー機能があり、音声での操作も可能で、リピーターとしてWi-Fi親機の電波が届きにくいところのアクセスポイントにもできます。また「IRKit」はプログラムを追加したり、アプリをつくったりできることが特徴です。

スマートリモコンで実現できる快適な暮らし

IoT
スマートリモコンによるIoTは、エネルギーを無駄なく使い、快適な暮らしを実現するために役立てることができます。例えば、夏場にペットのためにエアコンをつけたまま仕事に行っている人は、スマートリモコンを使うことで、温度や湿度に応じてオン・オフを自動で切り替える設定にすることが可能です。また、旅行などで長期間留守にするときには、夜に部屋の照明を外からコントロールして点灯することで、防犯対策も行えます。

「iRemocon」では、GPS機能と連動させて、家からの距離を基準に家電のオン・オフを自動化することもできます。家から一定の距離に近づいたら、エアコンが自動でオンになるようにすると、帰宅時の室内を快適な温度にしておくことが可能です。反対に家から離れたら、照明やエアコンが自動でオフにするように設定しておけば、消し忘れの防止となり便利です。

「Leo Remocon」としてスマホでの家電操作を標準仕様に

IoT
日々の暮らしを便利にするスマートリモコンを組み込んだ賃貸物件も登場しています。レオパレス21では、「iRemocon」を手掛けるグラモ社と提携して、「Leo Remocon」としてカスタマイズしたサービスを入居者様に提供しています。一部のファミリー向け物件を除いて、2016年10月以降に完成した新築賃貸物件から標準仕様となっています。

レオパレス21の賃貸物件に備えつけられている家電は、あらかじめ「Leo Remocon」に登録されているので、一つひとつ家電を登録していくという煩雑な作業を省けることもメリットです。自分の手持ちの家電を追加することもできます。また、スマホに表示される家電のアイコンは、分かりやすく最適化されています。

さらに、レオパレス21では、有料のインターネット接続サービス「LEONET」のシステムも刷新しました。これまで、テレビやパソコンでしか見られなかった動画配信サービスが、「Android TV」 の採用によってスマホでの視聴も可能となりました。「Leo Remocon」の使用にはWi-Fi環境が必要となりますが、「Life Stick」をTVのHDMI端子に挿すことで、Wi-Fi環境が得られます。

スマホから家電操作ができることで、単にリモコンを一元化できるだけではなく、Iotを取り入れた新しい暮らし方が広がります。スマホで家電を遠隔操作したり、自動制御したりすることが当たり前の時代がすぐそこまでやって来ています。そして、これからの住まいには、電気などのエネルギーを効率的に使うこともより一層求められていくことでしょう。

IoT記事一覧はこちら
【前編】集合住宅に求められる危機管理。『入居者様の安否確認をアプリで迅速に』
スマホからの家電操作で変わるIoTのある暮らし
進化する暮らし IoTによって防犯への考え方が変わる
ヒートショックにご注意!家の急激な温度変化を防ぐIoTとは?

その他のテクノロジーの記事

キーワード一覧

 ページトップ