IoTの進化によるスマートロックの開発が賃貸住宅の未来を変える

テクノロジー

関連キーワード
スマートロックの開発が賃貸住宅の未来を変える
2015年頃から注目され始めたスマートロックが進化し、実際に賃貸物件に導入する事例も出てきています。これまでの鍵からスマートフォンで開閉できるスマートロックに代わることによって、私たちの暮らしや賃貸住宅はどのように変わっていくのでしょうか。そこで、スマートロックとは何か、スマートロックで変わる賃貸住宅の未来についてまとめました。

そもそもスマートロックとは?

スマートロックは、スマートフォンにインストールしたアプリを使って、ドアに設置した鍵を開閉できる電子錠です。スマートロックの多くは「Bluetooth Low Energy」という低消費電力通信を使って、スマートフォンからスマートロックに認証データの送信を行っています。

スマートロックには、ドアの錠を丸ごと交換するタイプと室内側からサムターン(鍵の開け閉めを行える金具のつまみ)の上に取り付けるタイプがあります。ただ、サムターンの上に取り付けるタイプは既存の錠前が残るため、鍵穴にピッキングなどの不正行為をされる可能性が懸念材料です。そして、賃貸管理の面では鍵の管理は減らないため、業務負担は軽減されません。一方、ドアの錠を丸ごと交換するタイプであれば、安全性が高く、鍵の管理の手間もなくなります。

スマートロックを使うには、スマートフォンにアプリをインストールして設定することが必要です。スマートロックは、家族のスマートフォンなど複数のデバイスで鍵を共有することや、期限付きの鍵を発行することも可能です。インターネット上で入退室の状況の確認や、鍵の開閉などの遠隔操作もできます。

中にはドアを閉めたら自動で鍵がかかるオートロック機能を搭載したものもあります。スマートフォンの操作が面倒という人などに向けて、スマートフォンをかざすだけで鍵が開閉できる機能を備えた製品が誕生するなど利便性も向上しているのです。

セキュリティについては、日頃からスマートフォンをしっかりロックしておけば、紛失時の心配も少なく、携帯電話会社に連絡してロックすることもできます。また、通信の面では、「WiFi」を使った製品よりも「Bluetooth Low Energy」のほうが、安全性が高いとされています。

鍵交換が不要のスマートロックで賃貸物件はどう変わる?

鍵交換が不要のスマートロックで賃貸物件はどう変わる?
スマートロックで期限付きのキーの機能を使えば、賃貸物件の内見の際、一時的に開閉できるように設定することも可能です。一般的な賃貸物件では、内見の際に鍵を仲介業者に渡す、あるいは、内見に備えて物件のドアの近くに鍵を隠しておくといったことが行われています。スマートロックを使えば、鍵の紛失や不正に複製されるリスクがなくなり、セキュリティが向上します。

また、入退去のたびに鍵を付け替える必要がなくなるため、一度スマートロックを取り付ければ、鍵交換が不要となります。エントランスのオートロックに対応するメーカーも出てきたため、オートロック付きエントランスドアを備えた賃貸物件で、スマートロックに変えることも可能となりました。1週間や1ヵ月など、短い単位で賃貸物件を運用する際にも、鍵の対応が容易になります。

不動産屋での鍵の受け取りが不要になることで、未来の賃貸住宅では、インターネットで完結して、人が介在しないことも考えられます。例えば、インターネット上で気に入った部屋を内見して、賃貸契約や支払いまで行い、手続きが終わったら、スマートロックのデータが送られてくるのを待つだけといったことも考えられるのです。また、退出時も同様に、室内の状況は画像で送って、立ち合いが不要になるかもしれません。

スマートロックでできることとは

スマートロックのメリットは、鍵の受け渡しが不要で一時的な利用が可能なことにあり、日常生活の様々な場面で役立ちます。友人が遊びに来るのに帰宅が間に合わない時、メールなどで期限付きキーの情報を送れば、室内で待っていてもらうことができますし、遠方から両親が遊びに来る時も、期限つきキーで対応可能です。交際していた人と別れた後に、鍵の返却に応じてくれない時なども、スマートロックならこちらから使用を停止できるので、ストーカー対策の効果も期待できます。

そのほか、不在時に家電や家具などが自宅に届いた場合も、電話で配送業者とやり取りしながら、遠隔操作で鍵を開閉して、運び入れてもらうといった使い方も可能です。

ビジネスでは、不特定多数で利用しやすいことに着目すると、期限付きのキーを発行し、民泊やコワーキングスペース、時間貸しの会議室などといった活用法が考えられます。企業内でもセキュリティを強化したい場所にスマートロックを取り付ければ、機密情報の保持に役立つでしょう。

IoTの進化に伴い、スマートロックが普及すると、これまでの「鍵」というものがなくなり、実物の鍵の受け渡しが不要になることで、賃貸住宅の住み替えや短期間の居住が手軽に行えるようになることが考えられます。スマートロックの活用によって賃貸住宅のあり方が変わる、そんな時代が到来しているのです。

その他のテクノロジーの記事

キーワード一覧

 ページトップ