【後編】集合住宅に求められる危機管理。災害時サポートサービス「LEOLIFE」とは『これからの賃貸の集合住宅における防災対応のあり方』

ソーシャル

関連キーワード
LEOLIFE
レオパレス21が2017年4月から導入した、入居者様向けの災害時サポートサービス用アプリ「LEOLIFE」について、前編では導入の背景や機能の特長について話をお聞きしました。
後編では「LEOLIFE」の導入で、賃貸の集合住宅の危機管理はどのように変わっていくのか、また、今後の展開について、引き続き、賃貸管理業務部の横田真之次長と木村明博課長に伺いました。

日常生活に安心をもたらす「LEOLIFE」のサービス

Q:前編では、「LEOLIFE」を活用した安否確認サービスのほか、防災マップ、ご家族などへのメール配信などの機能についてお聞きしましたが、「LEOLIFE」のサービス全体を通じて、入居者様にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

横田:「LEOLIFE」のアプリを提供する目的は、安否確認のほかに、事前に防災に関する情報を提供し、入居者様自身で災害に対する危機管理を行っていただくことにあります。実際に災害が起きた時に、例えば1万人の入居者様がいらっしゃる地域で、一人ひとりに対応するのは難しいというのが現状です。災害情報を迅速に入手していただくことで、入居者様がすぐに災害対応に取り掛かっていただけるのはメリットだと思います。

木村:レオパレス21では「LEOLIFE」のこのような安否確認や災害に関する情報提供サービスを通じて、生活に安心を提供しています。入居者様ご本人だけではなく、進学や就職などにより、息子さん、娘さんが遠方で一人暮らしをされている親御様も、ご安心いただけるのではないかと考えています。

防犯や防災への備えが、賃貸の集合住宅に求められる時代に

LEOLIFE
Q:「LEOLIFE」の導入により、今後、賃貸の集合住宅の危機管理体制はどのように変わるとお考えですか。

横田:単に部屋を貸すだけではなく、どのような状況においても入居者様の生活をサポートする対応が、求められていると思います。特に、防災・防犯面での備えが、賃貸の集合住宅では重視されてきています。今後も、一人暮らしについての不安を払拭するための付加価値を高め、他社との差別化を図りたいと考えています。

木村:他社でも同じようなサービスが提供される可能性がありますので、これからはホームセキュリティと同様に、賃貸の集合住宅でも災害時の安否確認サービスが、当たり前のものになっていくかもしれませんね。
すでに実施していることですが、法人契約での入居者様に関しては、当社が従業員の方の安否確認を取ることで、災害時の企業様の負担を軽減できるのではないかと思っています。雇用形態によって、個人情報を企業様側が把握していない従業員の方にも、入居時のデータをもとに当社で安否の確認を取ることができます。

入居者様向けの機能の拡充と、オーナー様向けアプリのリリースを予定

LEOLIFE
Q:「LEOLIFE」の今後のサービス展開について教えてください。

横田:今は2017年4月1日以降に入居された方に向けて、アプリのダウンロードをご案内しています。すでにお住まいの方に対しては、ブロードバンドシステムの「LEONET」でお知らせしています。さらに、5月下旬に配布する会報誌「レオパレスマガジン6月号」でも告知を行い、アナウンスを進めているところです。
アプリが活用されないと、安否確認サービスの利用価値が低下してしまいますので、全ての入居者様に「LEOLIFE」を利用していただくことを目指しています。現状ではスマートフォンをご利用ではない入居者様もいらっしゃいますので、そのような方の安否確認には、これからもSMSを活用していく予定です。

今後は「LEOLIFE」に関するアンケートを実施して、どのようなコンテンツを入れて欲しいのかという要望をお聞きし、二次開発、三次開発に役立てるようにします。現状は防災に関するものが中心ですが、コンテンツとして日常生活に利便性のある内容を増やしていくことで、さらに入居者様のメリットを打ち出していきたいと考えています。

Q:この先、オーナー様向けにも、「LEOLIFE」アプリのサービスが提供されるのでしょうか。

横田:オーナー様向けのアプリについては、今年の10月〜11月頃にリリースする予定です。現状の「LEOLIFE」は入居者様専用で、利用できるのはご本人のみに限定していますが、オーナー様専用アプリでは、ご家族向けのサービスの提供も検討しています。

<プロフィール>
株式会社レオパレス21
賃貸管理統括本部 賃貸管理業務部
次長
横田真之

1996年入社。
姫路店配属の後、姫路管理センターへ。
全国の管理センターで管理業務に携わった後、
1999年賃貸管理統括本部 賃貸管理業務部に配属。
2015年から現職。

株式会社レオパレス21
賃貸管理統括本部 賃貸管理業務部
管理企画課 課長
木村明博

2000年入社。
札幌管理センターに配属。
全国の管理センターで管理業務に携わった後、
2015年埼玉東ブロック ブロック長を経て、
2016年から現職。

http://leopalace21.custhelp.com

集合住宅記事一覧はこちら
【前編】システムキッチンで暮らしが変わる『日本の住まいでキッチンのあり方はどう変わった』
【後編】システムキッチンで暮らしが変わる『キッチンも可動の時代に』
【前編】集合住宅に求められる危機管理。『入居者様の安否確認をアプリで迅速に』
DIYが難しいとされてきた賃貸集合住宅に革命!?
近所迷惑にならないように実践したい集合住宅の防音対策

その他のおすすめ記事

その他のソーシャルの記事

キーワード一覧

 ページトップ