【前編】プレミアムフライデーを啓蒙コメントと音楽で知らせる『プレミアムフライデーへの先進的な取り組みの背景〜株式会社USEN〜』

ソーシャル

関連キーワード
プレミアムフライデー
2017年2月24日からプレミアムフライデーが実施され、実際に賛同し導入した企業の取り組みが注目を集めています。
プレミアムフライデーとは月末の金曜日を対象に午後3時に仕事を終えることを奨励し、夕方をショッピングや食事、2.5日旅行など各々の好きなことに充てるという、政府が掲げる働き方改革とも連携した取り組みのひとつです。
レオパレス21でも同年4月28日からプレミアムフライデー導入を開始するなど、様々な企業がプレミアムフライデーに注目する中、株式会社USENではプレミアムフライデーであることを「啓蒙コメントと音楽で知らせる」という新しい取り組みをスタートさせました。
今回は、株式会社USENの働き方改革やプレミアムフライデーへの先進的な施策ついて、同社オフィスサウンド営業部部長の齋藤淳氏に詳しくお話を伺いました。

オフィス用BGM「Sound Design for OFFICE」とは

Q:オフィス向けBGMである「Sound Design for OFFICE」について詳しく教えてください。

A:「Sound Design for OFFICE」http://sound-design.usen.com/は、あくまでオフィス向けのチャンネルに特化したサービスとなっています。従来のUSEN放送ですとJ-popやジャズといった音楽のジャンルでチャンネルを選ぶ傾向にありましたが、オフィスで音楽を流すとなると、場所によっては集中する必要がありますし、逆にリフレッシュルームなどではリラックスできるような環境を整えたりと一定の目的に合ったものを選ぶ必要が出てきます。そういった環境に応じて、様々なチャンネルを使い分けることができるようにと「Sound Design for OFFICE」では、“集中力向上”“リラックス”“リフレッシュ”“気づき”という導入企業様が選びやすい4つのカテゴリーを用意しました。

Q:「Sound Design for OFFICE」導入後の企業側の変化や反響はいかがでしたか。

A:おおむね9割の企業から良い評価をいただいています。中でも「コミュニケーションが促進された」という評価は特に多くの企業からいただいていますね。

Q:具体的に導入後のエピソードなどあったら教えてください。

A:例えば三井ホーム様では、いつ終業時間になったかわからない状況だったそうなのですが、音楽を導入すると同時に終礼を定着させようとなったのです。USENの「Sound Design for OFFICE」で提供している楽曲のひとつ「ロッキーのテーマ」をサインミュージックとして18時に流すようにしたそうです。誰もが聞いた経験のある曲を18時のサインとして流すことで、社員さんが「終礼が始まる時間だ」と気づくようになり大きな成果となったようです。
さらに三井ホーム様では終礼時に残りの仕事量や帰宅時間を共有することで、残業時間の削減にもつなげているそうです。

Q:それぞれのチャンネルで曲の入れ替わりなどはありますか。

A:現在定期的にチャンネル内で曲の入れ替えは行っております。今のところ時期は未定ですが、今後もオフィス向けのチャンネルも増やしていく予定です。ちなみにチャンネルの中でも一番人気は「Concentration 〜働く人の集中力UP〜」という埼玉医科大学短期大学の名誉教授である和合治久先生監修のものです。

プレミアムフライデーへの先進的な取り組みの背景

プレミアムフライデー
Q:USENではプレミアムフライデーも当初から導入されていましたが、ほかにも力を入れているサポート制度があったら教えてください。

A:代表取締役である田村社長が率先して「結婚」「出産&育児」「介護」「定年後」という4つのライフステージで様々なサポート制度を導入しています。例えば、小学校卒業まで時短制度を取得できるようなサポート制度を実施しています。また、育児休暇を取得する男性も増えています。
こういったサポート制度を強化する取り組みは以前から積極的に実践しており、そこに今回プレミアムフライデーが加わったという形ですね。

Q:プレミアムフライデーを導入後、従業員の方の反応はどうでしたか。

A:7割の従業員が「良かった」と評価しています。現在もプレミアムフライデーは継続して実施していますが、弊社ではプレミアムフライデーを月末の金曜日に限定せず、別の金曜日に実施しています。月末の金曜日が月末の最終日だとどうしても取得できない社員が出てきます。そのため、あくまで全員が取得しやすい環境を整えるという観点から、月末の金曜日が月末最終日の場合は1週前倒しにして、前の週の金曜日をプレミアムフライデーにしています。

プレミアムフライデーを啓蒙コメントと音楽で知らせる

プレミアムフライデー
Q:プレミアムフライデー啓蒙コメントの放送はどのようなきっかけで始まったのですか。

A:もともとは働き方改革としてUSENでもいろいろなことを実践していたのですが、プレミアムフライデーに関しては「全従業員に該当する制度を!!」という想いで実施を開始しました。今回「Sound Design for OFFICE」の中にプレミアムフライデーの専用チャンネルも用意しましたので、より多くの企業へ提案していくにあたってUSEN自らもプレミアムフライデーを実践する必要があると考えました。

Q:啓蒙コメントのナビゲーターにアニメ「サザエさん」でマスオさんの声優を演じている増岡弘さんを起用した経緯を教えてください。

A:やはり「働くお父さん」のイメージを持ってほしいという思いがあります。例えばサザエさんの声でプレミアムフライデーの啓蒙コメントを放送しても、ピンと来ないと思うんです。サザエさんは有名ですがあくまで主婦なので…。その点マスオさんのように勤めているキャラクターに「プレミアムフライデーだから早く帰ろう!」と言われた方が、従業員にも浸透しやすいのではないかという意図があります。

Q:プレミアムフライデー啓蒙コメントにこだわりなどはありますか。

A:放送するコメント内容を月〜水曜、木曜、金曜(プレミアムフライデー当日)でそれぞれ分けています。例えば月〜水曜に関しては「今週はプレミアムフライデーです」という内容で放送していますが、木曜は「明日はプレミアムフライデーです」という内容にしているため、1週間でタイマー設定をしておくと、曜日に合わせて適切なコメントが流れる仕組みとなっています。また、プレミアムフライデー当日は午前中、午後、終業時間間近で異なるコメントを放送しています。
(本記事の情報は2017年11月時点のものです)

(プロフィール)
株式会社 USEN
法人営業統括部
オフィスサウンド営業部
部長
齋藤 淳

2000年、株式会社USEN入社。地区営業統括部、集客支援事業部を経て、法人営業統括部へ。その後現職となる法人営業統括部オフィスサウンド営業部部長に就任。趣味は野球とゴルフ。

株式会社 USEN
http://www.usen.com/index.html

Sound Design for OFFICE
http://sound-design.usen.com/


働き方改革記事一覧はこちら
健康経営ホワイト500、準なでしこ銘柄・・・外部評価でレオパレス21が得た価値
プレミアムフライデー導入の効果は?働き方改革への影響を考える

その他のおすすめ記事

その他のソーシャルの記事

キーワード一覧

 ページトップ