【後編】集合住宅のスマートハウス化を目指すIoT例!『「LEO SUPPORT」導入のメリットと今後の展開』

テクノロジー

関連キーワード
LEO SUPPORT
積極的にITを利活用した取り組みで注目されているレオパレス21が新たに入居者向けに公開した「LEO SUPPORT」。2017年10月15日から入居者専用スマホアプリ「LEO LIFE」に搭載された「LEO SUPPORT」では、AIチャットで入居者様の疑問点や困りごとに回答し解決に導くことが可能になりました。

後編では、「LEO SUPPORT」のメリットや入居者様からの反響、今後の展望などについて前編に引き続き、賃貸管理統括部 賃貸管理業務部 サービスセンター 埼玉第3ブロックの宮崎陽祐ブロック長に話を伺いたいと思います。

「LEO SUPPORT」導入後の反響、今後の展開とは

Q:「LEO SUPPORT」導入後、入居者様の反響はいかがでしたか。

A:まだスタートして本当に間もないので、ユーザーもそう多くはないですし、集計がとりづらいところもあります。しかし入居者様が入力したキーワードなどを拝見すると、楽しんでもらっているなという印象は受けます。やはり一人暮らしの方が多いので、暇つぶし程度で利用してもらってももちろん良いですし、今後レオパレス21のファンが増えるきっかけになったら良いなとも思っています。

Q:「LEO SUPPORT」を導入したことによるメリットについて教えてください。

A:入居者様が疑問に思ったり相談したいことができた時、従来の流れではまずコールセンターの営業時間を確認して電話する時間を確保し、電話して事情を説明するという面倒なことを行う必要がありました。ちょっとしたことを聞きたいだけなのに、これではかなり手間が掛かりますよね。しかし、「LEO SUPPORT」を利用することで、スマホで簡単に気になることを解決できれば入居者様も楽ですし、住み良い環境づくりにつながると思っています。「LEO SUPPORT」は我々というよりは顧客満足度向上のために行ってるものですね。

また、インターネットに慣れ親しんだ方なら困った時にウェブ上の「FAQ(よくある質問)」を見て自分で解決する従来の方法でも問題なかったかもしれませんが、そうでない方にはハードルが高かったと思います。その点「LEO SUPPORT」では気になることを入力するだけなので簡単ですし、難しい文章ではなく要約された内容で回答されるので、より親しみやすく使っていただけると思っています。

入居者向けスマートフォンアプリ「LEO LIFE」の概要について

LEO SUPPORT
Q:「LEO SUPPORT」の使用方法を教えてください。

A:「LEO SUPPORT」はレオパレス21の入居者専用スマホアプリ「LEO LIFE」をダウンロードしていただくと使用することができます。「LEO LIFE」は今後入居される方にはもちろんご案内していますが、もともと入居されていた方にも順次アプリダウンロードのご案内を送らせていただいております。

Q:「LEO LIFE」にはどのような機能が搭載されていますか。

A:「LEO LIFE」では入居者様がお住まいの地域を設定することで、その地の災害情報や自治体が発信している情報をアプリのプッシュ通知にてお知らせいたします。また、震度5強以上の地震が発生した場合、対象地域にお住まいの入居者様へ安否確認の自動配信機能や防災マップ・防災お役立ち情報などの防災時に役立つコンテンツを設け、お客様へ安心と安全の提供を行っております。

今度の展開について

LEO SUPPORT
Q:「LEO SUPPORT」に関して今後の展望などございましたら教えてください。

A:今後はレオパレス21に関連した質問の回答タイプ数を増やし解決率を高くしていくことを大前提とし、併せて雑談のバリエーションも徐々に増やしていきたいですね。
それ以外にもさらに機能拡張を進めていきたいと思っています。例えばエアコンの故障ひとつとっても、故障であることが分かれば入居者様にコールセンターへ電話してもらう必要が出てきてしまいます。しかし、そういった手間を少しでも省けるように、「LEO SUPPORT」内でコールセンターへとダイレクトに電話することができる機能や、電話した際にオペレーター側であらかじめ入居者様の質問を把握しておけるようなシステムを充実させていきたいと思っています。後は現在、「LEO SUPPORT」はスマホアプリ「LEO LIFE」の1つのコンテンツという位置づけですが、今後はウェブ化していきたいという展望はあります。

Q:今後レオパレス21全体で集合住宅のスマートハウス化はさらに加速していきそうですね。

A:そうですね。レオパレス21は積極的なIT利活用が評価され「攻めのIT経営銘柄」にも選定されていますし、全体的にAIにすごく力を入れていると思います。充実した住まいを提供するためのシステム化もどんどん進んでいますし、各部署でも様々な取り組みを実施しています。

株式会社レオパレス21
賃貸管理統括部 賃貸管理業務部
サービスセンター 埼玉第3ブロック
ブロック長
宮崎 陽祐

2001年に入社し柏管理センターに配属。その後4店舗の管理センターで管理業務に携わった後、2012年サービスセンターマネージャーに就任。2015年から現職に就く。

その他のおすすめ記事

その他のテクノロジーの記事

キーワード一覧

 ページトップ