【後編】終活を様々な形でサポートする業界の先駆者 『時代に合わせて供養の未来を創り続ける〜株式会社ニチリョク〜』

ソーシャル

関連キーワード
株式会社ニチリョク
「供養の未来を創る」をキャッチフレーズに、霊園・堂内陵墓・お葬式・お仏壇という4つの仏事関連事業を柱に、供養の全てを一貫して手がけている株式会社ニチリョク。お客様の多様化するニーズに応じ、今のライフスタイルに合った葬儀や供養のスタイルを提供し、業界をリードする上場会社です。
前編に引き続き、ニチリョクの事業内容と今後の展望などについて、同社サービス推進本部営業企画部部長 執行役員の二郷奈奈氏に話を伺いました。

24時間いつでも故人と面会できる安置施設「ラステル」

Q:御社の葬儀事業「ラステル」とはどのようなものですか。

A:「ラステル」は、24時間面会が可能な、ご遺体安置設備を備えたご葬儀施設です。マンションや団地などの集合住宅が多い都心の住宅事情では、ご家族が亡くなられた後にご遺体を自宅に運べない環境にいる方も多くいらっしゃいます。また、都心では火葬場の数が足りないため、長いと一週間ほど火葬待ちをすることもあります。そんな状況で誕生したのが「ラステル」です。

過去にも安置施設はありましたが、葬儀屋の倉庫の片隅でドライアイス詰めにされていたり、火葬場の冷蔵庫に入れられることが多く、葬儀まで面会ができなかったり、面会に予約やお金が必要な場合もありました。

最新設備の整った「ラステル」なら、亡くなられたご家族をきれいな状態で安置でき、専用の面会室で24時間いつでも面会可能ですので、荼毘(だび)に付されるまでの大切な時間を心行くまで過ごすことができます。

この施設で葬儀を行うこともでき、「ご家族だけでお見送り」をコンセプトとした多彩な家族葬メニューをご提案させていただいています。

2017年にはNHKの番組「ドキュメント72時間」で「ラステル」について取り上げられ、その年の視聴者人気投票で1位になるなど、注目を集めている事業でもあります。

面倒なお墓のお引越しもニチリョクが万全サポート!

株式会社ニチリョク
Q:最近「墓じまい」という言葉をよく耳にするようになりましたが、御社の「ごく楽引っ越しサービス」の概要について聞かせてください。

A:上京して故郷にお墓だけ残っている場合、お墓参りに行くのもひと苦労で維持管理が大変です。それなら「墓じまい」してお墓を引越しすれば良い、と簡単に思うかもしれませんが、引越し先が決まっていないと「墓じまい」をすることもできませんし、ほかにも様々な手続きが必要です。一般の人には何から始めて良いのか分からないと思いますので、弊社がご相談対応から現地調査、各種手続き、遺骨搬送、納骨・法要までサポートさせていただきます。全国どこでも対応可能ですので、「墓じまい」を考えている方はご相談いただければと思います。

Q:お葬式代を預ける「心託」とはどのようなサービスなのでしょうか。

A:ご家族が亡くなられた場合、本人様の預金口座はすぐに凍結されてしまうため、残された家族の方がお葬式代が出せない状況になることがあります。そうした事態に備えて、ご葬儀の生前予約と葬儀費用を信託するサービスが「心託」です。どのような葬儀にしたいかを見積もった上で、司法書士の立ち合いのもと信託会社に葬儀費用を預けて、葬儀終了後に費用が適切に使用されたかをチェックしていただきます。いつでも葬儀プランの見直しができ、解約した場合は全額返金されますので、安心してご利用いただけると思います。

Q:御社ではペットのお墓も提供しているとのことですが。

A:仏教では人間と動物を一緒に供養すべきではないという考えが根強いため、今まではペット専用の霊園に埋葬するか、施設内にペット専用の合祀墓がある霊園を利用するという形がほとんどでした。

でも時代は変わり、ペットは家族同様なので一緒のお墓に入りたいと希望される方が多くなりました。そこで、弊社が展開している「横浜三保浄苑」に、ペットと一緒に眠れる区画を用意しました。お墓の中にカロート(納骨室)があるのですが、その中に仕切りがつくられていて、人間とペットのお骨が同じお墓に一緒に入れられるようになっています。ペット好きな方が多いので好評をいただいていますね。

供養の心が失われないよう、常に一歩先を行くサービスを提供していく

株式会社ニチリョク
Q:最後に御社の今後の展望などを聞かせてください。

A:弊社では、葬送文化は時代に合わせて変化していく必要があると考えています。最近ではお墓参りをしたことがない人が増えていて、最近はお墓はいらないとか、葬儀はせずに直葬にするなどの話もよく聞くようになっています。弊社としては今まであったものをそのまま残すことに頑なにこだわるつもりはありません。葬送の文化を絶やしてしまうことが一番罪深いと考えておりますので、お手元供養や壁掛け仏壇など今のライフスタイルにあった供養スタイルを提案し続けることで、供養というものを身近に感じてもらい、供養の心が失われないようにしていくのが私たちの使命だと思っています。

「供養の未来を創る」が弊社のキャッチコピーでもありますので、今後も供養に関するお客様のニーズを捉えて、常に一歩先を行く商品とサービスを提供できるよう努力いたします。

(プロフィール)
株式会社 ニチリョク
執行役員
サービス推進本部 営業企画部
部長
二郷奈奈

2016年、株式会社ニチリョク入社。大手広告代理店、PR会社等を経て広告および広報の担当として営業企画部へ配属。
営業企画部部長に就任。趣味はゴルフとミュージカル鑑賞。

株式会社ニチリョク
http://www.nichiryoku.co.jp/

その他のソーシャルの記事

キーワード一覧

 ページトップ