かかりつけ薬剤師の役割は?高齢化社会で進むセルフメディケーション

ケア

関連キーワード
セルフメディケーション
高齢化社会の到来によって、健康寿命を長く保ちつつ、国の財政を圧迫する医療費を圧縮することが課題となってきています。
そこで、軽い体調不良は自分で手当てをするセルフメディケーションが注目を集めています。医療費を抑制したい政府の施策によって、2017年1月から、「セルフメディケーション税制」もスタートしました。
そこで、セルフメディケーションとは何か、また、セルフメディケーションにおけるかかりつけ薬剤師の存在の重要性などについて解説していきます。

セルフメディケーションとは?

セルフメディケーションとは、WHO(世界保健機構)によると、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な不調は自分で手当てすること」と定義づけられています。セルフメディケーションに取り組むことで、自分の体調を管理し、QOL(生活の質)の向上につなげるだけではなく、国の財政を圧迫している医療費の適正化にも役立ちます。

健康な身体を維持するためには、日頃から質のよい睡眠を確保し、栄養バランスのとれた食事を摂り、適度な運動を行うことが大切です。そして、軽い風邪を引いたり、頭痛が起きたりした時、セルフメディケーションでは、医療機関に足を運ぶのではなく、OTC医薬品といわれる、薬局で市販されている一般用医薬品を使って、自分で手当てを行います。忙しい人にとっては、医療機関に足を運んで受診する時間が省けることもメリットになります。

セルフメディケーションで重要な「かかりつけ薬剤師」の役割

セルフメディケーション
セルフメディケーションに取り組む上で重要とされるのは、「自分の健康状態を知ること」と「かかりつけ薬剤師を持つこと」です。

セルフメディケーションを行うには、健康でなくてはなりません。OTC医薬品では治癒が難しい隠れた病気を持っている人が、セルフメディケーションによって、身体の状態を悪化させてしまっては本末転倒です。定期的に健康診断を受けたり、体調不良が続く時には医療機関で診察したりし、健康状態を知っておくことがセルフメディケーションを行う際の前提になります。

また、セルフメディケーションでは、病気や薬に関する知識を持つことが望ましいのですが、一般の人が薬に関する専門的な知識をすぐに身につけるのには難しいものがあります。そこで頼りになるのが、かかりつけ薬剤師の存在です。自宅の近くにある薬局など、通いやすい場所にある薬局を選び、かかりつけ薬剤師を決めておくと、医師からの処方による薬や、ほかのOTC医薬品との重複服用による副作用リスクを防ぐことができます。かかりつけ薬剤師にはいつから体調が悪いのか、どんな症状か、ほかに飲んでいる薬があるか、さらに、アレルギー症状があれば伝えます。薬剤師は薬のプロフェッショナルであり、体質や症状に合った薬を選ぶためのアドバイスを受けることができます。

調剤薬局で処方された薬はお薬手帳に記録するようにし、OTC医薬品の服用を記録したメモを自分でつくっておくと、かかりつけ薬剤師に薬の相談をする場合に役立つでしょう。

推進するための政府の施策「セルフメディケーション税制」

セルフメディケーションを推進する政府の施策として、2017年からスタートしたのが「セルフメディケーション税制」です。

「セルフメディケーション税制」では、一定の取り組みを行っていることを条件とし、医療用から転用されたスイッチOTC医薬品の年間購入額が個人で1万2000円を超えた場合、8万8000円を上限に控除が受けられます。一定の取り組みとは、メタボ健診と言われる特定健康診査や職場の定期健康診断のほか、健康診査やがん検診、予防接種が含まれます。対象となるスイッチOTC医薬品は、かぜ薬や胃腸薬、鼻炎用内服薬をはじめ、腰痛や関節痛の貼付薬などの一部です。厚生労働省が定める有効成分を含むもので、対象医薬品の多くにはパッケージに共通識別マークが入っており、それで確認することもできます。

これまでの医療費控除は、原則として10万円を超えた分のみが控除されるため、実際に医療費控除が利用できる人は限られていました。一方、「セルフメディケーション税制」では近くの薬局やドラッグストアで買えるスイッチOTC医薬品の年間購入額1万2000円超から適用され、控除の利用が可能な人の範囲も広がります。ただし、従来の医療費控除との併用はできないので、確定申告の際にどちらか有利なほうを選ぶにようにします。なお、「セルフメディケーション税制」は、現在のところ2021年までの時限立法です。

セルフメディケーションを始める前に長年、健康診断を受診していない人は、まずは健診を受けて、健康状態を把握することが大切です。そして、通いやすい薬局を選び、かかりつけ薬剤師を決めておきましょう。軽い風邪や頭痛など軽度の不調の際には、かかりつけ薬剤師に状態を伝えることによって、体質や症状に適したOTC医薬品を選んでもらえるなど、薬の相談が気軽に継続的にできるようになります。医療機関から処方された薬の説明やOTC医薬品との重複服用による副作用リスクなどについてのアドバイスも受けられ、体調管理がしやすくなります。

高齢化社会記事一覧はこちら
かかりつけ薬剤師の役割は?高齢化社会で進むセルフメディケーション
【前編】高齢者の財産を守る城南信用金庫の新たな取り組み「認知症高齢者向け口座開設」
【前編】税理士が語る!相続税対策として有効な手段とは
高齢化社会のシニアライフの楽しみ方

その他のケアの記事

キーワード一覧

 ページトップ