【後編】民泊運営コストを大幅削減! 宿泊事業者支援サービス「あんしんステイIoT」とは? 『「あんしんIoT」の導入事例と今後の展望』

グローバル

関連キーワード
あんしんIoT
2018年2月1日より、楽天コミュニケーションズ株式会社は、宿泊事業者向けの民泊運用支援サービス「あんしんステイIoT」の運用をスタートさせました。
前編に引き続き、楽天コミュニケーションズ 第三グループIPプラットフォームビジネス部の岡崎 功マネージャー(写真右)と広報担当の溝口 直氏(写真中央)、田中 計氏(写真左)に、「あんしんステイIoT」の導入事例や今後の展望について話を聞きました。

民泊運用支援サービス「あんしんステイIoT」の導入事例

あんしんIoT
Q:「あんしんステイIoT」の導入事例についてお聞かせください。

岡崎:現在、民泊新法や旅館業法に則った様々な物件に「あんしんステイIoT」が導入されています。一戸建てやホテル一棟など、施設のスケールも多彩です。ユニークなものだと、三重県の三井寺という歴史あるお寺の僧坊に「あんしんステイIoT」を一式導入し、民泊新法の宿泊施設として運用しているという事例もあります。

楽天LIFULLSTAY社とも連携し、「Rakuten Stay」という民泊代行の独自ブランドに「あんしんステイIoT」が導入されています。また、SQUEEZE社の関連宿泊施設では、タブレットでのチェックインについて、収益性が高く回転率も良い物件に「あんしんステイIoT」を導入してもらっています。さらに、ファミリアリンク社やIKIDANE社でも推奨していただいているなど、国内の民泊事業大手の企業とは何かしらの接点が築かれています。

Q:実際に利用した方からは反響や要望などは届いていますか。

岡崎:利用者の方にとっては宿泊が目的なので、「あんしんステイIoT」に関してこれといった反響は届いていないのですが、例えば、チェックインの時にタブレット端末を初見でスムーズに使いこなせるよう「もう少し使いやすくしてほしい」「ここの文言を変えてほしい」といった、ユーザーインターフェイスに関する要望はいただいています。チェックイン時に利用者の方に必要情報をキーボード入力してもらう物件もありましたが、キーボード操作に慣れていない方もおられるので、負担を掛けないよう、現在は事前に情報をいただければ予約番号を入力し確認するだけでチェックインができるよう改善しました。

Q:現状での課題などがありましたらお聞かせください。

岡崎:いちばんは宿泊者の方にスムーズにご利用いただけるよう、様々な面で改善を行っていく必要があると考えています。もちろん遵法を維持しつつ、より使いやすいサービスを提供していくために切磋琢磨していきたいと思っています。

ほかには業界全体の課題として、セキュリティ対策があります。楽天グループではもともとISO/IEC 27001のプライバシーマークは取得していましたが、EU一般データ保護規則(GDPR)の施行を受け、BCR(Binding Corporate Rules)というプライバシー保護基準も導入しています。万が一個人情報が漏えいした場合、そこにEU諸国の方のデータが含まれているとGDPR違反になるおそれがあるため、現在国内のホテル業界では急ぎ対応が求められています。実際に我々もお客様からGDPR対応をしているかと聞かれることも多くあります。楽天グループではEU諸国での事業展開もあるため、既にGDPR対応はしているのですが、国内ではまだかなり珍しいと思います。

「あんしんステイIoT」の今後の展望

あんしんIoT
Q:今後、「あんしんステイIoT」による他の楽天グループ企業との連携予定などはありますか。

岡崎:現在、色々なサービスでの連携を予定しています。例えば「Rakuten Stay」からの要請で、IoT機器の導入だけでなく、宿泊施設でお客様が利用する通信環境の整備についての準備も進めています。

Q:最後に今後の展望についてお聞かせください。

岡崎:既に楽天グループの企業と色々な話をさせていただいているので、準備ができ次第発表していく予定です。
もともと楽天グループは事業内容が多岐にわたりますし、グループシナジーが発揮されるサービスになっています。そのため、連携することで我々の事業の強みが出せますし、さらに提携先の企業の強みも生まれると考えています。そういった連携も順次準備を進めていますが、まずは宿泊者の方に気持ち良くチェックインしていただけるよう改善を進め、サービスに取り組んでいきます。

(プロフィール)
楽天コミュニケーションズ株式会社
第三グループIPプラットフォームビジネス部
マネージャー
岡崎 功

NTTの横須賀研究開発センタで3G(FPLMTS/IMT-2000)の標準化を担当。また前職のメーカーでは新規事業の立上を複数担当。子会社の代表取締役社長、代表取締役専務、取締役などを30代前半で経験し、元々は無線通信の研究者であったスキルを、経営や会計や企画やプロジェクトマネージメントに広げる。 2008年楽天株式会社に入社。入社後は、楽天コミュニケーションズ株式会社にて、下記3つの新規事業をゼロから立ち上げ、一時期は楽天株式会社子会社の取締役も兼任。
・Rakuten Mobile for Business
・Rakuten Cloud IaaS、Rakuten Cloud Secure Drive Plus、Rakuten Cloud Forensics
・あんしんステイIoT(現在)

楽天コミュニケーションズ株式会社
広報担当
田中 計

楽天コミュニケーションズ株式会社
広報担当
溝口 直

その他のおすすめ記事

その他のグローバルの記事

キーワード一覧

 ページトップ