働き方改革で注目される「RPA」とは? ロボットが労働戦力になる時代へ

テクノロジー

関連キーワード
RPA
働き方改革によって、生産性の向上が求められる中、ソフトウェアで制御するロボットを用いて事務処理などの定型業務を自動化する「RPA」が注目されています。
「RPA」とは何か、「RPA」でできることや課題などについてまとめました。

「RPA」とは何か?

「RPA」は「Robotic Process Automation」の頭文字を組み合わせたもので、ロボットによる業務自動化という意味です。つまり、人間が行っていた定型的な事務作業を、ソフトウェアで制御するロボットによって自動化することを指します。

「RPA」でできることの一例を挙げると、これまで人間が複数のアプリケーションを使って行っていた業務を、アプリケーション間でデータの受け渡しを行い自動化することです。表計算ソフトでデータをつくり、それを基幹業務システムに打ち込んでいた作業も、表計算ソフトから自動的に読み込んで処理できるようになります。

「RPA」の導入は作業時間を短縮できるだけではなく、ヒューマンエラーによるミスを防げることもメリットになります。但し、どのような業務にも全てマッチするというものではありません。業務が標準化され、一定のルールのもとで遂行されているルーティン業務やデータが構造化されているケースなどが、「RPA」を導入しやすいとされています。また、「RPA」の導入コストや保守費用などを考慮すると、一定の規模でリソースが必要な作業が対象になります。

尚、ここまで触れてきた内容は主に狭義の「RPA」であり、広義の「RPA」は3段階にクラスが分けられ、それぞれ自動化のレベルが異なります。クラス1は、「RPA」でルーティンの定型業務を自動化するといったものです。クラス2ではEPA(Enhanced Process Automation)によるAIの技術で非定型業務の一部についても自動化を可能とします。画像解析や大量のデータ処理も行えるのが特長です。そして、クラス3はCA(Cognitive Automation)と言われる高度な自律化を達成するもので、プロセスを分析して自動的に判断、意思決定を行います。

課題解決のための「RPA」導入事例

RPA
「RPA」を用いることで、これまで多くのマンパワーを必要としていた煩雑な業務の省力化が図れるとともに、ヒューマンエラーによるトラブルを防ぐことができます。多くの企業で課題解決のために、「RPA」が導入されています。

大手生命保険会社A社では、請求書の入力作業量が膨大であり、単純作業を長時間行うことによってヒューマンエラーが起こることが問題となっていました。そこで「RPA」を導入し、請求書の証券番号をスキャンすると、社内システムからのデータ収集と入力が自動的に実行されるようにしました。単純作業を「RPA」に任せることで、人間には柔軟な対応が必要な業務に注力させることが可能となり、単純ミスもなくなるという成果が上がっています。

大手人材関連企業のB社は、銀行への顧客からの入金が月間数十万件にも及び、売掛金の消し込みの膨大な作業量が問題でした。「RPA」を導入したことで、従来の複数のシステムを使ったチェック作業がクリックひとつで行えるようになりました。その結果、より生産性の高い業務に人員を充てることが可能となっています。

大手通信会社C社は、コールセンターへのお客様からの問い合わせ対応で、顧客情報の照会や問い合わせ内容を確認するため、30〜40もの画面遷移が生じていました。そのため、1件の処理に20分程度掛かり、お客様の待ち時間が長くなることと、対応する人員が不足することが問題となっていました。「RPA」の導入によって画面遷移数を3遷移に抑えることができたため、対応時間を1分にまで短縮しています。さらに、これまでは多くの訓練を要したスタッフ10 名で対応していたのに対して、新人スタッフ1名での対応が可能となり、大幅な人員削減が実現しました。

働き方改革などを背景に導入が進む「RPA」の注意点

グローバル化によって国際競争力を高める必要性に迫られている中、日本は少子高齢化によって労働人口が減少しています。働き方改革を進める観点からも、生産性の向上を図ることが急務とされているのです。そのため、「RPA」を導入して業務効率化を図り、人間による判断が必要な業務へ人員を注力する動きが起こっています。

しかし、「RPA」は全てを処理できるツールではないことを頭に入れておくべきです。「RPAやAIによって仕事を奪われるのでは」と危惧する向きもありますが、人間でなければできない仕事はまだまだあります。判断を自動化するには、判断するための材料を与えなければ、自動化できません。また、特定の部署で使用し、担当者しか分からないツール化してしまうと、その担当者が不在になると誰も動かせなくなってしまい、業務に支障をきたすことも危惧されます。「RPA」の導入に当たっては、複数の人員がシステムを把握し、エラーが起きた時の対応方法もルール化しておくことが大切です。

労働人口の減少による人材不足や働き方改革に伴い、「RPA」を活用して生産性の向上を図るという動きがますます活発化すると見込まれています。そして、「PRA」の導入により、単純作業はロボット、柔軟な対応や高度な判断が求められる業務は人間といったように、それぞれの適性に合った棲み分けが進んでいくでしょう。

その他のおすすめ記事

その他のテクノロジーの記事

キーワード一覧

 ページトップ