【後編】日本語習得支援で外国人受け入れ促進! 改正入管法で国際化が進む地域と外国人を結ぶ「多読」とは?『漢字が読めないことでハードルが上がる日本語学習の突破口として 〜NPO法人多言語多読〜』

グローバル

関連キーワード
多読
外国語をやさしいものから始めて、構えずに楽しくどんどん読み進めていく「多読」という学習法があります。
後編では、2019年4月1日、外国人労働者の受け入れ拡大を図る改正出入国管理法(改正入管法)が施行されたことを受け、日本に暮らす外国の方にとって大切な日本語学習の側面から見た「多読」の現状や可能性などについて、前編に引き続きNPO法人多言語多読の粟野真紀子理事長にお聞きします。

語彙や文法のレベルごとに「多読のための」図書シリーズを企画・出版

Q:「多読」による、外国人向けの日本語学習講座について教えてください。

A:日本語の教科書による学習を経ても、話すことや平易なひらがな中心の読み書きはできるようになるものの、カタカナや漢字の読み書きは難しいようです。「多読」であれば、例えば「行きます」「来ます」「言います」「食べます」といった、日常生活でよく用いられる言葉を文字とシチュエーションで身につけていくことができるでしょう。

当NPO法人では学習者向けに、「多読」で日本語の力をつけていく「にほんごクラス」を火曜日の夜に開講しています。そのほか、まず「多読」というものを知っていただく入門編として、新宿区の「しんじゅく多文化共生プラザ」という公共施設で毎週土曜日に「にほんごの本を読む会」をボランティアで開催しています。その前の時間帯には区の日本語教室が行われているので、興味を持ってもらえれば引き続き参加していただけます。いずれのクラスともアジアや欧米、南米など国際色豊かです。「にほんごクラス」には、以前、インターナショナルスクールに通う高校生や社会人のIT系エンジニアの方が受講されていましたし、現在は英語のWEBマガジンで日本の情報を発信しているドイツ人の方などがいらっしゃいます。

Q:どのような日本語の本を読んでいくのですか。

A:当NPO法人では、日本人が平易に読める英語の図書を1万5000冊ほど所蔵しています。
しかし、日本語の図書については、外国の方にとって読みやすいものが少ないので、私たちの活動として語彙数や文法をレベル分けしたシリーズを企画しています。自費出版の9冊のほか、現在市販されているのは、『レベル別日本語多読ライブラリー』(アスク出版)と『にほんご多読ブックス』(大修館書店)というシリーズです。
前者はレベル0から4までの5段階で全てVol.3までつくったもので、後者のシリーズはレベル0から5までの6段階に分かれて現在第8巻まであり、今夏には第9・10巻の出版を予定しています。そうしたものを合わせれば、全部で142冊ほどになりますが、もっと新しいものをという要望の声も大きいですね。

内容としては、起承転結がはっきりしてストーリーのわかりやすい昔話をはじめ、『走れメロス』『雪女』といった物語から、落語や歴史のお話、京都や広島・宮島といった観光地を紹介するものまで様々です。読みながら日本の文化や風物、考え方などを知ってもらえるよう、選んでいます。

物語に興味を持ち、惹き込まれていく中で、日本語の読解力・表現力が磨かれる

多読
Q:「多読」を実践される外国の方からの反響は、いかがでしょうか。

A:当NPO法人のサイトに、学んでいらっしゃる様子をビデオクリップで紹介しています。
幾つか例を挙げると、日本語の会話はできても漢字が読めなかったフィリピン人の女性の方が、最初のレベルの図書から始めて、7ヵ月ほどでレベル4を達成なさいました。これは中級レベルで、1冊当たり5000〜1万字、1300程度の語彙を使用しており、日本語能力試験で言えばN3〜N2に相当します。その女性はその後、スタジオジブリの『魔女の宅急便』や『となりのトトロ』の本もひとりで読みきりました。まだ書くのは難しいけれど、読める漢字がたくさん増えたと喜んでいます。

また、バングラデシュ出身の男の子は、五十音表を見ながら1文字ずつ読むところから始め、3〜4ヵ月、約10回の受講でレベル1の『舌切り雀』が読めるようになりました。自分だけで2回ほど一生懸命に読み、オーディオCDも聴き込んだりするくらいこの話がとても気に入り、支援する私たちに笑顔でこの物語を紹介している様子が記録されています。

ほかにも、当NPO法人の「にほんごクラス」に通い続けて8年目になるというドイツ人の男性の方がいて、奥様は日本人なのですが、以前は家庭で日本語をあまり使わなかったそうです。それが今や星新一のショートショートに夢中で、読み終えるたびに持っているありったけのボキャブラリーを駆使して、どのような話だったかを上手に説明してくれるのです。文字に慣れたおかげで書くことも好きになり、日本語で書き溜めた旅行記は分厚いファイル2冊分になりました。

このように楽しく読み進められ、自分の言葉で会話ができるようになれば、その語学力は本物ですね。良い土台となって、これからも積み重ねていけることでしょう。これは「多読」ならではの効果です。

各国語の蔵書も助けに。図書館を起点に「多読」を普及

多読
Q:図書館でも「多読」の日本語講座を開かれているそうですね。

A:2012年に現在の場所(東京の東中野)に事務所を移転した時に、「日本語多読」の普及活動として、図書館に専用図書を置いていただければと、地域でご案内を始めました。2019年2月に日本図書館協会より発行された『図書館多読のすすめかた』でも紹介されていますが、それが実現したのが新宿区立の大久保図書館です。

この図書館がある地域は住民の約4割が外国人の方々で、大久保図書館では米田雅朗氏という名物館長が中心となって多文化サービスに取り組んでいて、韓国語や中国語をはじめ、23言語の書籍が揃えられているほか、多言語でのお話し会なども試みられていました。
「日本語多読」にも関心を持っていただき、2015年6月を皮切りに、年2回、「やさしい日本語の本を読んでみませんか?」と題した講座を開いていただいています。今年の2月に開催した際には、フィリピン・ベトナム・ネパール・ミャンマーなどから来日されている外国人の方々が参加されました。ほとんどの方が、語学学校の教科書以外では、日本語の本を読むのが初めてです。ひと通りの勉強を終えたらそれっきりで、日本語をさらに学ぶ、特に読めるようになる手段がわからず、困っている方が少なくないのです。

実は、欧米においては街中にある図書館が、文化の中心、指針となる情報の発信地として位置づけられています。例えば北欧では、移民に対するサービスを図書館が行い、子どもの学校の宿題なども図書館でスタッフに教わりながらやるといったことが日常になっているそうです。そうした活動が日本でも広がることを期待したいですね。

Q:日本は今、労働力不足を補うため、2019年4月1日に改正入管法が施行されるなど、多くの外国人の方を日本での生活に迎えようとしています。

A:そうですね。日本で仕事に就くためにも、日本語学校で学ぶことは大事ですが、それ以外にも学ぶ方法があるということを、もっと多くの外国人の方や日本語教師に知ってもらいたいです。特に日本では、漢字が読めないと生活するのに不便なことも出てきます。非漢字圏の出身者にとっては漢字があるゆえに、日本語が読めない、難しいとなりがちでしょう。例えば介護の現場において資格取得には日本語での試験を通らなければならないなど、就業するにも漢字の学習が高いハードルとなってしまっています。

その時に、暗記で頑張るのではなく、「多読」で意味や使われ方を踏まえながら覚えていけば楽ですし、実際の生活シーンでも役立ちます。初めはルビ(ふりがな)を頼りにしていても、たくさん読んでいく内に、漢字そのものを理解していけるようになるものです。

問題は、「日本語多読」がまだまだ知られていないことです。図書館や公共施設をきっかけとして、地方自治体から講義の要請を受けることも少しずつ増えていますから、多読用図書の開発とともに、「日本語多読」のノウハウや活用事例の普及に努めていきたいですね。

レオパレス21では、「グローバルサポートセンター新宿」などをはじめ、日本で暮らす外国人の方々に住まいを紹介し、日本の文化や生活習慣に馴染んでいただくお手伝いをしています。大都市圏のみならず地方でもますます外国人が増える中、様々な国の方々との橋渡しをして共生できる社会づくりの一助となるよう、目指していきます。

(プロフィール)
NPO法人 多言語多読
理事長
粟野 真紀子

日本語学校で日本語教師を務めるかたわら、2002年より日本語多読普及活動を始める。2003年より多読授業を始め、2006年以降、多読向け図書『レベル別日本語多読ライブラリー』(アスク出版)の執筆監修を行ってきた。2016年より新シリーズ『にほんご多読ブックス』(大修館書店)を刊行。共著に『日本語教師のための多読授業入門』(アスク出版)がある。現在、NPO法人多言語多読 理事長として国内外のセミナーなどで多読普及に努めている。

NPO法人 多言語多読
https://tadoku.org/
英語多読特設サイト 多読・Tadokuの知りたいことすべて
https://tadoku.org/english/
日本語多読特設サイト にほんごたどく
https://tadoku.org/japanese/

レオパレス21のグローバルサポートセンター新宿店
http://leopalace21.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/880

その他のおすすめ記事

その他のグローバルの記事

キーワード一覧

 ページトップ